症状別

ほとんどの方が知らない「肩こりの解消法」

今や、多くの日本人の方が「肩こり」に悩まされています。

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

そして、その殆どの方は、
肩こりの本当のメカニズムを知らず、
本当の解消法を知りません。

ですので、永遠にその辛いコリとともに
生活し続けています。

今までの方法で肩こりはなくなりましたか?

みなさん、肩がこった時、
どのように対処していますか?

殆どの方は、
ご自分で肩をもんだり、押したりしていると思います。

e421d2d435d9a424a879c0955726a5a5_s

他には、
整体やマッサージに行くという方もいるでしょう。

それ以外には、
マッサージグッズやサプリメントを使って、
という方もいらっしゃると思います。

では、お聞きします。

「肩こりはなくなりましたか?」

・・・

・・・

答えは、「いいえ」ですよね。

揉んだり、押したりした直後は、
楽になった感覚はあると思いますが、
すぐに肩がこってしまい、

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

何度も、何度も
同じことを繰り返してしまっていると思います。

筋肉がこると?

筋肉というのは、本来、収縮したり、拡張したりする、
柔軟性のあるものです。
525068

しかし、
筋肉がギュッと収縮したままになったり、

強く引っ張られ続けたりして、
緊張状態のままになったりすると、

ガチガチに固くなって、
動かなくなってしまいます。

このように、
筋肉が緊張したまま動かなくなった状態のことを
「こり」と言います。

このように、筋肉がこり、
動かなくなってしまうと、
老廃物が排出されにくくなってしまい、

443949

この老廃物が
筋肉の表面を覆う筋膜を刺激することで、
痛みを感じます。

人間の頭の重さは体重の10%

何が肩こりを引き起こしているのでしょうか?

人間の頭の重さは体重の約10%あります。

体重50㌔の方であれば、
約5キロ位の重さになります。

大体ボーリングの玉くらいなので、
相当の重さです。

6f9ac226a246834c4342c72ba4b0d486_s

その重さを、私達人間は、
主に首の骨と筋肉で支えています。

一般的には
頭を首の骨で支えている、
と考えられがちです。

ただ、身体を真横から見てみて下さい。

e13ab744c131442d7bab6faea245098c_s

首の骨は身体の真ん中よりも
後方寄りにあります。

バランス的に考えても、
後方寄りの骨だけで支えるのは無理なのです。

重い頭を支えているのは、
(舌骨上筋群や舌骨下筋群、広頚筋や胸鎖乳突筋などの)
首の筋肉です。

この首の筋肉が重い頭を下から支えることで、
首全体で筒を作り、
安定して首を支えているのです。

僧帽筋は引っ張られている

首の筋肉が頭を支えることで、
姿勢良く立っていられるのですが、

首の筋肉が緊張し、
頭を引っ張ってしまうと、首が前方に倒れ、
姿勢が悪くなってしまいます。

310455

すると、肩が内側に丸まって、
猫背になり、胸郭が潰れます。

この姿勢だと、

まず、広頚筋などの首の筋肉が収縮してしまい、
反対側にある僧帽筋は引っ張られてしまいます。

そして、胸にある大胸筋も収縮してしまい、
反対側にある僧帽筋は引っ張られてしまいます。

61e161b620363cb38b189c6719996155_s

僧帽筋は、
広頚筋と大胸筋の2つの筋肉に引っ張られてしまい、
緊張したままになってしまい、

リンパ間質液(体液)の循環ができず、
老廃物が溜まってしまいます。

すると、肩にコリや痛みを感じる。

これが肩こりの原因なのです!

僧帽筋を揉んでも、押しても、引っ張ってもダメ

僧帽筋は引っ張られることが原因で、
緊張したままの状態になっています。

229789

引っ張られて、伸ばされている僧帽筋を
揉んでも、押しても、引っ張っても、
肩こりは解決しないのです。

ではどうすればいいのでしょうか?

それは、
僧帽筋が引っ張られていないようにすればいいのです。

収縮して、
僧帽筋を引っ張ってしまっている
広頚筋や大胸筋をゆるめればいいのです。

筋肉をゆるめる方法は
「触れる」「息を吐く」です。

f9e73c0b8acb688386691d4e545663e6_s

広頚筋のある首に触れて、深呼吸。

大胸筋のある胸に触れて、深呼吸。

ケア方法(YouTube動画)

まとめ

肩こりは、肩をマッサージやストレッチなどの方法では
解消されない。

なぜなら、肩こりの原因である僧帽筋の緊張は、

広頚筋や大胸筋が収縮することにより、
僧帽筋を引っ張ることで起こる。

そして、リンパ間質液の循環が悪くなり、
老廃物が排出されにくくなることで
痛みやコリが起こる。

なので、肩こりの解消法は、僧帽筋にアプローチするのではなく、
広頚筋や大胸筋をゆるめるケアをしていく。

関連記事

  1. 症状別

    腰痛の原因は、原因不明じゃない!

    腰痛で苦しむ方は大変多くいらっしゃいます。国民生活基礎調査(平…

  2. 症状別

    肩こりケアで「僧帽筋」に触れない!

    大変多くの方が「肩こり」に悩まされています。肩や首がこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. さとう式リンパケア

    筋肉をゆるめる8つの条件
  2. さとう式リンパケア

    腕の付け根は「肩」?いいえ、違います!
  3. その他

    「魔法のさすレッチ」で開脚する方法
  4. さとう式リンパケア

    さとう式リンパケアとリンパマッサージの違い
  5. 症状別

    腰痛の原因は、原因不明じゃない!
PAGE TOP