さとう式リンパケア

腕の付け根は「肩」?いいえ、違います!

皆さんは、腕の付け根ってどこだと思いますか?

ほとんどの方が
肩の部分(肩甲骨と上腕骨の間)だと思われているようですが、
実は違います。

実は耳なんです。

と言ったらビックリするでしょうか?

ほとんどの方が誤解している肩甲骨

肩甲骨は背中の骨と思っている方もいらっしゃいますが、
実は、腕の骨なんです。

「肩甲骨はがし」というケア方法があります。

肩甲骨をはがしているようにみえるので、
そのような名前がついたのだと思います。

背中の骨と肩甲骨がくっついている
それを、「肩甲骨はがし」で
背中の骨と肩甲骨をはなしている。

このような感じだと思います。

しかし、これは大きな誤解です。

そもそも肩甲骨は「肩鎖関節」という部分で、
鎖骨とくっついており、

実際には、筋肉でつながっているのですが、
肋骨の上に覆いかぶさっていて、肋骨とはくっついていないのです。

肋骨とくっついていないので、

腕を動かす時には、
肩甲骨は肋骨の上を滑るように、
上を沿うように動くようになっています。

鎖骨だって、腕の骨

肩甲骨と同じように、鎖骨も腕の骨です。

鎖骨は、「胸鎖関節」という部分で、
胸骨という胸の真ん中くらいにある骨とくっついていて、

腕を動かす時に、
鎖骨は胸鎖関節から動くようになっています。

鎖骨を動かす筋肉

では、腕の付け根は?

骨の付け根は、
胸骨と鎖骨の間の「胸鎖関節」になります。

ここで一つ考えてほしいのですが、
この鎖骨は単独で動くのでしょうか?

そんなことはありません。

骨は筋肉が動かすことで動かされています。

鎖骨を動かす筋肉は、
鎖骨にくっついている筋肉になります。

「大胸筋」「胸鎖乳突筋」「三角筋」「鎖骨下筋」「僧帽筋」などがあります。

大胸筋と咬筋はつながっている

鎖骨を動かす時に大きな役割をになっているのは
「大胸筋」です。

腕立て伏せやベンチプレスなどの腕を使う筋トレで、
より重いもの、高重量を持てる人は
「大胸筋」がとても大きくなります。

その「大胸筋」なのですが、
「広頚筋」という首の筋肉で
ほっぺたの筋肉「咬筋」とつながっているのです。

「咬筋」とは、咀嚼筋の一つで、
噛む(咀嚼)ときに使う筋肉のひとつです。

物を噛む時、
「咬筋」「外側翼突筋」「内側翼突筋」「側頭筋」が連動して、
一緒に動くことで物を噛むことが出来ます。

腕の付け根は、咀嚼筋です。

腕の骨の付け根は、
「胸鎖関節」(鎖骨と胸骨の間)だと言いましたが、

腕の筋肉の付け根は、
「咀嚼筋」になるのです。

ただ、先程も言ったのですが、
骨は単独で動くことは出来ませんので、

腕を動かす時には、
筋肉の付け根(咀嚼筋)から動かすことが、
腕全体を動かすことになるのです。

ですので、腕の付け根は「咀嚼筋」なのです。

YouTube動画

まとめ

多くの方は腕の付け根は
上腕骨と肩甲骨の付け根の肩の部分だと思っていますが、
これは大きな誤解です。

肩甲骨は腕の骨ですし、
肩甲骨についている鎖骨も腕の骨です。

鎖骨と胸骨の付け根(胸鎖関節)が
腕の骨の付け根です。

しかし、骨は単独で動くことは出来ません。

骨についている筋肉が収縮拡張することで
骨は動いています。
正確には、動かされています。

鎖骨を動かす筋肉は「咀嚼筋」につながっています。

「咀嚼筋」が腕の筋肉の付け根になっており、
つまり、「咀嚼筋」が腕の付け根になっているのです。

関連記事

  1. さとう式リンパケア

    筋肉をゆるめる8つの条件

    大変多くの方が「肩こり」「腰痛」など、筋肉のコリに悩まされてい…

  2. さとう式リンパケア

    身体には3つの「腔」がある

    私達人間は、ボウリングの玉と同じくらいの重い頭をてっぺんに掲げ…

  3. さとう式リンパケア

    さとう式リンパケアとリンパマッサージの違い

    世間には様々なリンパテクニックがあります。さとう式リンパケア、…

  4. さとう式リンパケア

    筋肉がより効果的にゆるむ力

    筋肉がこり固まってしまうことで起こる「肩こり」や「首こり」などの首…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. さとう式リンパケア

    筋肉をゆるめる8つの条件
  2. さとう式リンパケア

    身体には3つの「腔」がある
  3. 症状別

    腰痛の原因は、原因不明じゃない!
  4. その他

    筋トレを効果的に取り入れるために
  5. さとう式リンパケア

    さとう式リンパケアとリンパマッサージの違い
PAGE TOP